まるで別人!『Diner ダイナー』金子ノブアキ、ブタ男役で激変 – シネマトゥデイ

まるで別人!『Diner ダイナー』金子ノブアキ、 タ男役で激変   ミュージシャンで俳優の金子ノ アキが、来月5日公開の映画『Diner ダイナー』 、ブタのマスクをかぶった不気味な容姿が特徴的な殺し “ブタ男”を演じている 蜷川実花監督は金子の魅力について「ふり幅が広いとこ 」と明かし、「立て続けにお仕事をご一緒していますけ 、全然違うところから引き出しが出てくるので、本当に 人みたいです」と驚いた  豪華!『Diner ダイナー』キャラクタービジ アル一覧   『ヘルタースケルター』などの蜷川監督 メガホンを取り、藤原竜也を主演に迎えた本作。孤独な 性オオバカナコ(玉城ティナ)がウエイトレスとして身 りされた“殺し屋専用”のダイナーを舞台に、元殺し屋 店主ボンベロ(藤原)とダイナーを訪れる凶悪な殺し屋 ちの異様な世界を描き出す   ブタ男は、カナコをボンベロの食堂に売り飛ば たギャング組織の男。初めはカナコをあっさり殺害する 定だったが、カナコの「料理が得意です。おいしいもの 作れます!」という一言を面白がったことで、カナコの 命を大きく変える   蜷川監督は「金子くんは今も一緒にNetfl xのドラマを撮影しているんですけど、同じ人とは思え いくらい凶悪に出来上がっていて、本当にその一点に向 って走ったのですごく楽しかったし、金子くんも楽しか たんじゃないかなと思います」とコメント   「タトゥーを描くのに6時間以上もかかるんです 。本当に一瞬しか映らないんですけど、銀歯をわざわざ ったり、細部に至るまでビジュアル的に作りこんでいる で、ぜひしかと見てほしいです…

Read More

藤原竜也&蜷川実花『Diner ダイナー』続編に意欲 – シネマトゥデイ

藤原竜也&蜷川実花『Diner ダイナー』続編に意   藤原竜也と蜷川実花監督が5日、都内で行わ た映画『Diner ダイナー』の初日舞台あいさつに 席し、オールメキシコロケによる続編に意欲を見せた この日は玉城ティナ、窪田正孝、本郷奏多、武田真治、 矢ミキ、奥田瑛二も来場した。  【動画】『Dine ダイナー』初日舞台あいさつ   平山夢明の小説を 写映画化した本作は、元殺し屋の天才シェフ・ボンベロ 藤原)と、彼が店主を務めるダイナーにやってくる凶悪 殺し屋たちの異様な世界を描き出すサスペンス・エンタ テインメント   藤原は「この濃いメンバー」とキャスト陣を 渡すと、「ひと月半ですよ! 大変な現場でした。この ンバーに囲まれて、僕とティナだけ一番まともな役をや せていただきました」と撮影を回顧 その過酷さを裏付けるように、蜷川監督から「雨の日( 撮影)はブーブー言っていたよね」と暴露されると、藤 は「12時間ずっと雨に打たれて大変でした」と苦笑い   さらに「真矢先輩がいらして立ち回りをすると、 場で全スタッフの拍手が起こるんですね」と説明し、「 ょっと待て待て待て! 俺は12時間、雨に打たれて、 からやっているのに拍手の一個もねーじゃねーか」と思 たことも吐露 また、雨の中、花びらを降らす演出について「雨と花び ってどうなんですか? というのはありました」とぶっ ゃけつつ、「そんなことは一切聞かず、やらせていただ ました」と優等生ぶりもアピールした   この件について、真矢が「年齢がいっているから 盛り上げないと死んじゃうんじゃないかっていう(スタ フの)ご配慮なんです」と自虐的に理解を求めると、蜷 監督も「竜也の大変なところは『できて当たり前』とみ…

Read More